日本は、大雨になったときや台風が直撃するときなど洪水などの自然災害が生じるリスクが高く、警戒レベルが発令されることは決して珍しくありません。この警戒レベルとは何を意味するものなのか、知っておくとレベルに応じて現在の状況の把握にも役立てることができます。この警戒レベルとは災害発生の危険度を示すもので、警戒レベル1から5までの5段階です。レベル1は、早期注意情報で最新の防災気象情報を確認しながら災害に対しての意識を高めることが大切です。レベル2は注意報でレベル3は避難準備および高齢者に対する避難開始、レベル4になると避難勧告や避難指示で最大レベル5では災害発生情報でありすでに災害が発生している状況です。